<< 心のツボ | main | 嫁ぎ先からの便り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
面接
JUGEMテーマ:育児


昨日チビ子さんは幼稚園の入園面接でした。
そう、幼稚園。3年保育の年少さんですよ。。。ビックリです。
面接と言っても大袈裟な物ではなく身長体重を量って子供と先生が少しお話する程度のことなんですけどね。
幼稚園に入れることには多少不安があるんですよね・・・。
 まず、トイレトレーニングが進んでなくて・・。声を掛ければ行くんですけどほっとけばそのまま・・。
 そして体力。元気は人一倍あると思うんだけど短時間燃焼型。午前中で燃え尽きます。

面接の前に園長先生からお話がありました。

「早起きの癖を付ける朝ご飯しっかりを食べさせる。食べさせるということは作るということです。園生活をするにあたっては家庭での朝の準備が重要。」

お!!園長先生良いこと言うね。やっぱり朝食に菓子パン与えて終わりという家庭も多いのでしょう。家庭での食事、一日の始まりというのはとても重要だと思います。

「そしてトイレですが。年々おむつをして登園する子が増えてます。園としてはトイレのお手伝いをすることは全く苦に思いません。しかし、子供にも自尊心というものがありますから入園までに少しでもトイレに行けるように家庭でも練習しておいてください。
かといって我が子がトイレに行かないのを責めたり叱ったりすることはしないで下さい。その子のペースがありますから。引け目に思うこともありません園でも徐々にトイレに行けるようお手伝いします。」

この言葉にホッとしました。
 
 以前関西に住んでた頃長女が通っていた幼稚園の園長先生は
「オムツが取れてないのは親の怠慢。園に頼りすぎ。」という考えでしたから。
確かに幼稚園に甘えてる部分もあるかとは思います。でも、やっぱりその子のペースもあるし、生まれ月にしても4月生まれと3月生まれは一年も差があるじゃないですか。
幸い長女はすんなりトイレに行けたので大事はなかったし。
保育の先生が、「お手伝いしますから大丈夫ですよ」と言ってくれたのでの言葉に救われた人も多かったと思います。

広島に越してきて姉姫がこの幼稚園に通い始めたときにはボソボソ話す園長先生を頼りないなとか思ってましたが・・・(ごめんなさい)。

もし出来ないことがあっても園が支えてくれると感じられ安心して子供を預けることができるなと思いました。これで、家庭でピリピリすることなく入園への準備が出来ます。

ホッとしたところで、チビ子の面接のほうはというと・・・。

まず体重測定・・・・・????
体重計に迷わずまたがるチビ子・・・(おいおい汗
そんな、ウマにまたがったような後ろ姿見るとは思わなかったよ。

次に身長・・・・・???
身長計にしがみつくチビ子・・・・(おいおいおい汗
上らなくていいんだよ。ぷぷぷっ。

次に先生とお話・・・
先生の方見てやしない・・・。隣のお子様をのぞき込んで・・・(惚れたのかい?)

こうやって笑わせてくれる瞬間があるから子育ても楽しくやっていける気がする。

ありがとう。。。チビ子さん。

| ファミリー | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://teku2mamakari.jugem.jp/trackback/147
育児・子育てのなかの家族支援
育児は本当に複雑
| 子育て・育児の相談駆け込み寺 | 2007/11/26 8:53 PM |